カミソリを使った足脱毛のデメリットは処理の仕方で回避する

脱毛という行為は体のムダ毛を処理する事だと一般的に認識されています。本来、体に備わっている毛はムダなものは無いのですが、美容の観点から目に見える部分の毛を処理したいと思うのは自然な事です。脱毛方法として、最初に行われるのは自分自身で行うセルフ脱毛が一般的です。毛抜きを利用して毛根から抜き取る方法や、ムースやクリームなどを利用して毛を溶かす方法は手軽な事から、多くの人が経験しているでしょう。そして足のムダ毛に対してはカミソリを使って毛を剃る方法があります。

 

 

カミソリを使った足脱毛のデメリットは処理の仕方で回避するただ、このカミソリによる処理方法はあまりお勧めすべきものではありません。カミソリを使って剃るという行為は、ムダ毛だけでなく健康な皮膚の表面を削り取ってしまうため、肌にとってはデメリットが大きいです。特に、お風呂での皮膚が柔らかくなった状態で、石鹸などを泡立て剃る事は肌に負担をかける事になります。肌の表面には程よい油分があり、肌を防御する役割があります。その油分である皮脂を泡立てた石鹸によって取り去り、さらにカミソリを使って肌の表面を削る為、鋭い切れ味の刃によって肌に負担がかかります。ムダ毛というものは、毛根がある限り伸び続けるため、何度もムダ毛が伸びるたびに剃る行為を繰り返します。それによって益々肌の表面に刺激を与え続ける事になり、結果的に色素沈着などの原因となってしまい、シミだらけの足となる事もあります。常にカミソリで剃る事で足は常に赤みを帯びやすくなり、綺麗な足脱毛とはいかなくなります。

 

 

カミソリを使った足脱毛のデメリットは処理の仕方で回避する足の場合は部分的な脱毛ではなく広範囲となるため、トラブルになると目立ちやすくなるというデメリットもあります。これらの問題を避けるには、なるべく短い期間で剃る事を控える事、シェーバーなどを利用して肌に直接刃があたらないようにする、処理後は取り去ってしまった皮脂成分を補うために、保湿クリームやジェルなどをつかって肌を保護することを意識する事が必要です。最近ではボディー用のシェーバーなども販売されており、肌に直に刃をあてない工夫がなされています。また、女性用のシェーバーを利用する人も多くなり、様々な方法から選ぶ事が出来ます。自分のムダ毛や肌の状態に合った方法で足脱毛を行えば、肌に余計なトラブルを引き起こす事もなくなります。手間はかかっても、綺麗な足を目指すならば、肌に負担をかけない方法で適切な脱毛をする事で、デメリットやトラブルを回避していく必要があります。