足脱毛を毛抜き処理するデメリットを知っておく必要性

ムダ毛処理の中で最もポピュラーなのは足脱毛と言えるでしょう。自己処理の定番とも言える部位であり、足や腕・ワキなどはほとんどの方が処理しています。1本ずつ抜くのは無理があるのでシェービングで処理する方がほとんどでしょうが、剃るという行為は肌によくありません。剃り残しは毛抜き処理する方が多いでしょうが、これにもデメリットがあります。毛根から抜くことは痛みを伴いますし、埋没毛や毛嚢炎を引き起こすこともあります。

 

足脱毛を毛抜き処理するデメリットを知っておく必要性
足脱毛を毛抜きでするデメリットは、肌状態が悪化していくことです。最初のころはシェービングよりツルツルになるので満足するかもしれませんが、次第にブツブツ状態になっていきます。いわゆる鳥肌の状態が当たり前になり、非常に目立つようになっていくでしょう。毛抜きで抜くときは肌を引っ張っているのと同じことなので、何度も行っていれば肌が盛り上がっていくのは当然のことです。特に肌が白いほど赤いブツブツが目立つようになります。

 

埋没毛とは皮膚の内部で毛が成長している状態で、これを放置しておくと皮膚内にゴマがあるように見えてしまいます。白い肌にゴマが複数存在する状態は違和感がありますが、これはすぐには解消のしようがないのです。皮膚内で毛が螺旋状態に成長していき、最終的に皮膚に姿を現すようになります。このときに抜く以外には対処法はありません。埋没毛は癖になりやすく、一度発生した部位は再び起こりやすくなります。

 

足脱毛を毛抜き処理するデメリットを知っておく必要性
毛嚢炎は毛穴が化膿した状態であり、痛みを伴うことが少なくありません。膿を持ってしまうので皮膚が盛り上がっていきますし、下着に膿が付着することもあります。毛抜きで抜くときには無意識のうちに皮膚に傷をつけてしまうことがあります。毛を引っ張っているつもりが、皮膚を傷つけて雑菌が侵入してしまうことがあるのです。こうした失敗を防ぐためにも、毛を抜くという脱毛はおすすめできません。

 

足脱毛を安全に行うためには、これらのトラブルが発生しない方法に変える必要があるでしょう。シェービングと毛抜きはいずれも肌にダメージを与えますから、なるべく早めにやめておきたいものです。肌乾燥も招きやすく、かゆみ・炎症・ニキビの原因ともなります。美しい肌を維持するためには、足脱毛はエステや医療機関で行う必要があるでしょう。これらの施設だと専用の脱毛マシンを使用することで、肌に刺激を与えることなく毛根から脱毛してツルツルにすることができます。